株式会社アーバンビジョン TOP > 行動規範

行動規範

この行動規範は、当社事業が社会に及ぼす影響を自覚し、継続的に社会的責任を果たす観点から、当社の役員・従業員が高い倫理観と良識をもって行動するための基準を定めたものです。
私たちは、役員・従業員の全員がこの行動規範に定める事項を実践し、公正で透明性の高い企業活動の実現を通して社会に貢献してまいります。

【1】信用失墜行為の禁止

私たちは、会社の社会的信用を失墜させるような行為をしません。

  • 職務の内外を問わず、常に公明正大な態度をとり、役員・従業員としての名誉と会社の信用を汚す行為をしません。

【2】利益相反行為の禁止

私たちは、公私のけじめをつけ、会社の利益に反する行為をしません。

  • 個人的利得のために取引先に特別な便宜を図り、会社にとって合理的な範囲を逸脱した不利な条件で取引をしません。
  • 会社の資産(コピー機、パソコン、電話、ファックス、用度品等)を業務以外の目的に使用しません。

【3】品質向上への弛まぬ努力

私たちは、商品の品質にこだわり、絶えず品質の向上に努めます。

  • お客様に満足いただけるように、品質全般に亘り設計・品質管理・販売すべての過程において、商品及びサービスの品質向上に努めます。

【4】顧客情報の適切な取扱い

私たちは、お客様の個人情報を適切に取扱います。

  • 顧客情報の取扱いについては、「個人情報保護管理規程」に則って適切に行います。

【5】機密保持

取引条件、ノウハウ等の機密情報は会社の貴重な財産であり、その機密保持に細心の注意を払います。

  • 業務上の機密事項及び会社の不利益となる事項を他に漏らしません。
  • 在職中に入手した機密情報を、退職後に使用または開示しません。機密情報が記載または記録されている文書、電子媒体その他の情報媒体は、退職時に会社にすべて返還します。

【6】情報システムの適切な使用

私たちは、情報システムを会社の業務のために使用し、個人的な目的のために使用しません。

  • システムを使用して作成されたデータ等は、原則として社外に開示しません。
  • 権限なく役員、従業員または第三者のコンピュータシステムに不正に侵入したり、役員、従業員または第三者のデータ等を損壊、改竄しません。
  • 違法に第三者の著作物(プログラム、図形、写真等)を複製、加工改変しません。
  • システムに悪影響を及ぼすおそれがあるので、自己判断で市販のソフトウェア等をインストールしません。
  • 役員、従業員または第三者を誹謗中傷する情報、名誉または信用を毀損する情報、プライバシーを侵害する情報を流しません。

【7】知的財産権の尊重及び保全

私たちは、他人が有する知的財産権(商標、デザイン、特許等)を侵害しません。

  • 他人が有する知的財産権を、権利者の許可なしに使用しません。
  • 商標を使用する場合は、事前に知的財産権所管部署へ調査を依頼します。
  • 映像、音楽、ソフトウェア等の他人の著作物を複製したり他の著作物と合体、加工したりすることは著作権の侵害になると認識し、権利者の許可がない限り行いません。
  • 会社が有する知的財産権の侵害を発見した場合は、会社として防衛策を講ずるため、知的財産権所管部署に連絡します。

【8】反社会的勢力との取引の禁止

私たちは、暴力団、総会屋等の反社会的勢力に屈せず、これらの勢力と取引をしません。

  • 業務上に限らずプライベートの場においても、反社会的勢力に依頼したり、その影響力を利用するなどの行為をしません。
  • 反社会的勢力とは一切取引を行いません。いかなる名目であっても金銭を支払いまたは供応しません。

【9】報告義務

私たちは、コンプライアンス違反を見過ごしません。

  • この行動規範に反する行為については、これを発見した場合、不注意により自ら行った場合を問わず、管理部長、常勤監査役または顧問弁護士のいずれかに報告します。

【10】人権の尊重

私たちは、人権を尊重し、差別・ハラスメントを行いません。

  • 人種、国籍、性別、宗教、身体的・精神的障害その他業務の遂行と全く関係のない事由に基づく差別を行いません。
  • 差別的言動、嫌がらせ、誹謗中傷、脅迫・粗暴行為その他役員・従業員としてあるまじき言動により、他人に恐怖心を与え、または不快な思いをさせるようなことをしません。

以上

  • 天空のショールーム
  • 採用情報